投資をしてみたい方の為のサイト

貯金もわりと増えてきたし投資をしてみたいと思われる方が最近増えてきています。株主優待で生活したり株で大儲けをしたりする一般人が増えているのです。これはネットの普及が原因となっています。貴方もこれから投資を考えてみてはいかがでしょう?

第一生命株と新光USリートの年間騰落率の投資情報

2015年、日経平均株価は1年間で9%ほど上昇しました。しかし、個別の銘柄ではどうだったでしょうか。ではここで、日本株および投資信託の各1銘柄を取り上げ、それぞれの1年間における騰落率(上昇率もしくは下落率)がどれほどであったか注目してみましょう。
まずは、第一生命保険株式会社の株式の場合です。2015年1月5日、第一生命株には1,820.5円という始値が付いて1年の取引がスタートしました。そして、同年12月30日、第一生命株は2,035円という終値でこの年の取引を終えました。およそ215円の上昇であり、その騰落率は約11.8%のプラスという好成績でした。第一生命株には株主優待がないものの、年間で1株あたり28円の配当金がつきました。仮に、年初に第一生命株を購入して、年末にこれを売却すれば、この配当金とも併せて、まずまずの利益が得られたことになります。
では次に、ある投資信託銘柄の年間騰落率に注目します。米国の不動産投資信託(リート)がその主な運用先となっている、新光USリートです。新光USリートは毎月分配型の投資信託で、2015年においては1万口あたり75円の分配金が毎月1回(すなわち年間で12回)、投資家に分配されました。では、基準価額についてはどうだったでしょうか。新光USリートの2015年最初の営業日における基準価額は、1万口あたり5,286円でした。しかし、この投資信託はこれ以降、あまり芳しくない値動きを続け、2015年最後の営業日における基準価額は4,402円となりました。年間の騰落率は約16.7%のマイナスです。この1年だけに限ってみれば、あまり良い成績ではなかったと言えます。